防犯カメラで安全に暮らす|防犯対策もできる!玉砂利を敷いてお庭を美しく綺麗にしよう

家庭用防犯カメラをわかりやすく解説します

家庭用防犯カメラの費用と機能

家庭のカメラは、設置の費用が安くなってきましたが、商品によって機能は様々あります。どんな機能が付いるのが良いのか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。防犯カメラの価格世帯でどのような機能、対策があるのか調べてみました。子供の見守りや空き巣対策を考えている方は、必見です。

価格帯別の解説について

手軽な金額で設置可能な無線LAN対応ネットワークカメラ

費用重視で検討する場合は、手頃な無線LAN対応のネットワークカメラがおすすめです。インターネットから購入できます。価格は約5000円程度から購入できるでしょう。ただ、防水機能が付いていないので、外で設置することは出来ません。設定については、無線ルーターとカメラを接続します。映像を見る場合は、パソコンやスマートフォンでみることができるので、リアルタイムで今の状態が確認できます。家に子供を一人でお留守番させていたり、ペットの様子などみたい時などにおすすめです。

1万円から選べる屋外対応カメラ

カメラの本格的機能を求めるなら、1万円から購入できます。購入する際に気を付けたいことは、赤外線投光器の距離です。赤外線投光器とは、夜に光を当てなくても、赤外線での光で犯人に気づかれないように撮影することです。この赤外線の光が高価であれば、人や物に照射する時間が長いです。映像をみる為には、家にあるテレビで見ることが出来ますが、録画をしたい時は、ハードディスクが必要なので、費用が更に高くなります。

夜間もバッチリ写せて泥棒除けにもなるカメラ

防犯カメラを設置するなら、夜間も機能してほしいです。そこで、夜間の撮影でもカラーで写すことができ、かつLEDライトで犯罪を抑止する効果が期待できるカメラもおすすめでしょう。価格は、約5万~20万円代となり安価ではありませんが、身を守るには頼りになるカメラです。夜間は犯罪が起きやすい時間帯でもあるので、設置すると安心できます。また、防犯カメラを取り付ける位置も重要となります。死角となる場所や、玄関、家の正面やガレージなどあえて目に付くようなところに設置するのも威嚇となります。しかし、防犯カメラに録画された映像は、個人情報に該当してしまいます。防犯カメラを付けたことによって、隣人とトラブルになる可能性もあります。設置する時に必ず、他人の家が映らないように調整しましょう。

セキュリティー会社は20万円からです

一般的に使われている家庭用防犯カメラは、セキュリティー会社を使って設置しているところが多いでしょう。約20万円から設定できます。カメラ、モニター、録画装置、工事費込みです。プランは様々ありますが、プラス機能でライトや侵入者が近づくとチャイムが鳴るシステムなどパッケージ製品が多いです。購入する時は、自分のニーズにあったプランをセキュリティー会社へ相談することが良いでしょう。また、サポートがあれば設置場所も適切なところにしてくれるので安心できます。

防犯カメラで安全に暮らす

防犯カメラ

一軒家よりもマンションが狙われやすいこともあります

最近のマンションやアパートは、セキュリティーがしっかりしていて、空き巣に入りにくいと考えられています。しかし、マンションは世帯数が多いことから、部外者が侵入しても誰もわからないので人が侵入しやすいです。また、上の階に上がるほど、防犯意識がおろそかになっているため侵入しやすいといわれているのです。このようなことから、一軒家よりも意外にもマンションが狙われやすいと言われています。

空き巣に入りやすいマンションの特徴

空き巣に入りやすいマンションの特徴は、防犯カメラがエントランスに設置されていなかったり、玄関入口がオートロックではないマンションが狙われやすいです。1階のベランダの塀が低いと、簡単に外がら侵入できるので、空き巣に入る部屋数も増えてしまい被害数が多くなります。

マンションの防犯対策

マンションは共有スペースが多く、死角も多いです。最初にマンションの管理者へ相談することです。そして、防犯対策のために防犯カメラを取り付けたり、玄関入口をオートロックが効果的です。マンションの設備が古いと狙われてしまう可能性も高いので、照明設備が弱くなっていないか、壊れやすい設備がないか住民全員で日頃から確認をして、マンション管理者と防犯対策を意識してみましょう。